千葉でキリスト教?神道?無宗教の葬儀をする

千葉で葬儀をする場合、どこで葬儀をするか、どんな葬儀をするかということを決めなくてはなりません。

その多くは仏式の葬儀をご希望される方が多いのですが、その中でもキリスト教や神道、もしくは無宗教の葬儀を希望する方もいます。

それぞれどんなセレモニーとなるのでしょうか?

キリスト教の葬儀をする場合、葬儀、告別式、宗派によっては前夜式をします。

神父、牧師が命や聖書の朗読などを主に教会で執り行ないます。

一般的には参列者には献花をしてもらいます。

神道の場合、神官が神葬祭を執り行ないます。

仏式の通夜告別式、初七日の様に、通夜祭、神葬祭、十日祭をし、焼香ではなく玉串奉奠をします。

無宗教の葬儀の場合、最近では増えてきている傾向にあるとはいえ、まだまだ一般的ではない葬儀になります。

お別れ会という様な形で執り行なう場合が多く、ご遺体のある状態で葬儀となりますが、密葬をしてからお別れ会を開くという葬儀をする方もいます。

具体的にどの様な内容の葬儀になるのかといえば、黙祷、献花、メモリアルビデオ放映、お別れの言葉などが含まれ、故人の好きだった音楽を流すなどオリジナルの葬儀になることが多い様です。

※結局のところ、いくらかかるの?実際に体験をした方が内訳を公開していらっしゃいますので、そちらもぜひ参考にしてください–≫http://manetatsu.com/2016/02/58574/

千葉では、この様にキリスト教や神道、無宗教のそれぞれの形で葬儀を行える葬儀社や会場がいくつかあります。

ただし、場所によってどこまで希望が叶えられるかは異なりますので、事前にどの様な葬儀をしたいかと伝えて、葬儀が可能かどうかを確認しましょう。

Comments

Comments are closed.